電磁波からの保護装置として

Introduction

DINNTECO-100Plusには、補助的機能として電磁防護機能が付随しています。これは従来の避雷針システムにはないもので、

稲妻(EMP)を発生由来とした強力な電磁波や電磁界から防護する役目を担います。

この技術は電界内に発生した電磁エネルギーを消散させます。

これらの装置は避雷システムとしても利用でき、かつ電磁波対策への解決策としても利用できます。

この技術は空気中の放射エネルギーを消散させ、電界内の様々な周波数の電磁パルスや放射エネルギーを効果的に減衰させます。

DINNTECO-100Plusは電磁波の間接的影響を効果的かつ最小限に(設置条件により60-90%)抑えます。特に外部に誘起された電磁パル

スを原因とする緊張や、地面から派生する電流を原因とした落雷発生が設置地点付近であった場合は、これがヒューズとして作用

(650℃の熱耐性素材利用)します。エネルギーを熱として外部素材から逃がし、悪影響を抑制します。

万が一何らかの原因でエネルギーを吸収できない場合、本器が内部爆発しショートします。絶縁体PVC(後述)も一部損壊することが

あります。この場合、代用機能としてプロテクターが外部から操作可能です。

その効率を実証するために、UNE21186:2011-12(section C.3.4)に従って、直撃雷の電流波形10/350μs(100kA)試験を行いました。

<使用される波形は、UNE-EN 62561に対応しており、LCOE(スペイン政府産業観光省の電気工学部公式実験室)で行われました。>

 

Dinntecoブレークリミットテスト(内部プライミングケース)

内部プライミングの唯一の可能性は、製品の欠陥や物理的かつ意識的に短絡が生じた場合にのみ発生する直接雷ストライキの場合です。

たとえば、テスト(想定2、内部プライミング 、DDCE内部で、2つの半球の間に配置された非常に薄い銅線で接続されています。

この場合、もちろん、内側から爆発があり、ソケットの破損があります。 124.5 KAの直接ビーム衝撃の場合。

Resultados de los ensayos